わきが・多汗症クリニックを神戸・三宮でお探しなら神成美容外科

お電話にてご予約・お問い合わせAM10:00~PM19:00

電話 078-242-4380 カウンセリング予約 無料メール相談

多汗症について

多汗症とは

人の目が気になる、日々の生活が困るほど多量の汗が出る「多汗症」。

人間の身体は体温の調整を行なうため、夏場の暑い時期や運動によって上昇する体温の上がり過ぎを防ぐため、汗をかいて身体の熱を発散させています。また、精神的な緊張やストレスによって汗をかく場合もあります。しかし自宅でくつろいでいるリラックスした状態の時でも多量の汗をかいたり、朝目覚めたばかりの時から汗をかき始めるといったケースもあります。

体質的に汗を沢山かく人はいますが、汗のかき過ぎで洋服に汗ジミができるなど、人目が気になるほど日常生活で困るほど汗が出る場合は『多汗症』という病気になります。

症状としては、手のひら、足の裏、ワキの下、額など、汗腺が密集している部位で、多汗症でお悩みの方は思春期から中年世代までの幅広い年代で多くみられます。

多汗症の原因と症状

多量の汗が出てしまうのが多汗症ですが、全身的におこる「全身性多汗症」と、身体の特定の部位にだけにおこる「局所性多汗症」があります。

全身性多汗症

環境の温度が高いときや、高熱の出る病気、パセドウ病、糖尿病、妊娠、更年期障害など病的な原因が多い場合がほとんどで、原因である病気が完治することで多汗症の症状も改善されます。

局所性多汗症

興奮や緊張、恐怖感を感じたときに身体の一部分から多量の汗が出る症状で、主に「手のひら」「足の裏」「ワキの下」「頭(額)」などから汗が出ます。

今までは精神的な緊張やストレスが多量の汗をかく原因とされてきましたが、実際は緊張やストレスを感じた時などに交感神経が過度に敏感になるため、多量の汗をかくと言ったほうが適切です。

多汗症は必ずしも精神的な緊張やストレスが原因で発症するものではありませんが、自分がどの様な状況で多量の汗をかくのかをよく判断し、多汗症に対して理解することで大切です。


⇒詳しい治療内容はこちら

「多汗症」のセルフチェックはこちら 「多汗症」のセルフチェックはこちら

クリニック情報

クリニック名 神成美容外科
院長 上田直光
住所 神戸市中央区雲井通7丁目1-1 ミント神戸 13階
アクセス JR三ノ宮駅から直結 ポートライナー三宮駅から直結
診療時間 10:00~19:00 ※診察無料
休診日 診療日カレンダーにてご確認頂けます。
公式サイト 神成美容外科公式サイトはこちら
カウンセリング予約
無料メール相談