住所:神戸市中央区雲井通7丁目1-1 
ミント神戸 13階 ⇒ 地図・アクセス
診療時間:10:00~19:00※診察無料
休診日:診療日カレンダーにてご確認頂けます。

わきが・多汗症治療の基礎知識

ワキの下にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類の腺があります。

エクリン汗腺から分泌される汗は暑い時にかく一般的な汗で、わきが臭の原因となるのはアポクリン汗腺からの分泌物になります。

アポクリン汗腺から出る汗は粘り気があるのが特徴ですが、この汗自体が臭うわけではありません。体外へ排出された後に細菌によって分解されることで独特の強い臭いが発生します。これがいわゆる「わきが臭」の原因と言われています。

わきが・多汗症の治療法について

ワキ、ボトックス注射

ボトックス注射をワキに打つことによって、患部にボツリヌストキシンという成分を浸透させ、汗を発する元となるエクリン汗腺の働きを抑えることができるのです。

その作用で汗はほとんどかかなくなり、臭いも発しないという原理になります。

ボトックス注射がアポクリン腺へ直接作用するわけではありませんが、汗による臭いの拡散を防いだり、ワキを乾燥した状態に保って菌の繁殖を抑制することが結果として臭いの軽減に繋がるのです。

このことから、ボトックス注射治療は軽いわきが症状の方にオススメの治療法です。

メリット
手軽に脇汗を止める方法
注射一本で即効性あり
デメリット
効果は約半年
継続治療が必要
臭いはなくならない

詳しい治療料金はこちら

皮下組織削除法

ハサミのような形をした特殊な専用器具で、ローラーのついた側で皮膚を押し、もう一方の刃のついた側を皮膚の内側に入れて、 皮膚を挟み込んで動かし内側の組織を削り取る施術です。

これにより皮膚を薄く削り、汗腺組織と皮脂腺を取り除きます。

皮下組織削除法での治療は、脇の下の皮膚を厚さ1mm程度まで削ることができるので、わきがの原因となるアポクリン腺や腋毛の再生がほとんど起こりません。

メリット
治療効果は大きい(皮下組織・汗腺部分を綺麗に取りきることができる)
デメリット
手術で痛みを伴う
3~7日間の固定が必要(腕をあげられない)固定中はワキを濡らせない
1週間後に抜糸が必要
切開創の傷跡が残る
色素沈着する

詳しい治療料金はこちら

切開法

ワキの下を切開して皮膚を裏返し、臭いの元となるアポクリン腺を、医師が目で見て確認しながら直接取り除いていきます。医師が自分の目で確認しながら取り除いていくので、確実にアポクリン腺を切除でき、最も効果が高い治療法です。

メリット
治療効果は大きい(皮下組織・汗腺部分を綺麗に取りきることができる)
保険診療可能な場合もある(重度の方のみ)
デメリット
切開創が大きい
傷跡が汚い(ノースリーブが着られなくなる人が多い)
手術で痛みを伴う
3~7日間の固定が必要(腕をあげられない)固定中はワキを濡らせない
1週間後に抜糸が必要
色素沈着する

詳しい治療料金はこちら